読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついったーの方に大体書いちゃうblog

クソにわかマンが観劇レポ・感想を載せるblogのはずだった

2017年4月の鑑賞作品まとめ(メモ)

 

もう今年の3分の1が終わってしまったんですね。ほんとうに時が過ぎるのはあっというまで驚きます。

 

以下、4月に観たもの。

 

【舞台】

 

4/12(水)『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』@シアタークリエ

4/13(木),4/19(水)『紳士のための愛と殺人の手引き』@日生劇場

4/16(日)『エジソン最期の発明』@シアタートラム

4/30(日) 『崩壊シリーズ リメンバーミー』@俳優座劇場

 

【映画】

4/7(金)『ひるなかの流星

4/23(日)『美女と野獣

4/29(土) 『帝一の國

 

【イベント】

4/7(金) 『今月の宮下』@新宿

4/16(日)『文劇喫茶シリーズ 舞台「それから」上演記念トーク&サイン会』@渋谷

4/26(水)『舞台「それから」公演直前イベント〜文劇喫茶へようこそ〜』@新宿

 

 

今月観た舞台も映画もとてもおもしろいものばかりで、こんなに大当たり💮💯💯💯な月は滅多にない感じがして楽しかったなぁ〜〜〜〜!

 

推しのうち1人の出演ドラマも始まって、しあわせな月でした。

 

けっこう忙しかった気がしてたのですが、鑑賞舞台作品は4作とそう多くなくてびっくりしてます。毎週何かしらがあったからそんな気がしてただけかな。

 

観た日付も改めて書くと身バレしそうというかなんかこわいですね。でも書いちった。twitter観たらどうせ分かりますもんね。

 

5月もたのしめますように。

 

文劇喫茶第1弾『それから』①雑談

 

どんどん後出しされるチケ特典!日替わりゲスト!事前イベント開催2回!ありがたや!

 

本日、いよいよ、満を辞して、ついに、やっと

文劇喫茶『それから』初日でした〜〜!

行ってきましたよ俳優座

 

一言で感想をまとめると、

「良い」舞台でした。

わたしが想像してた300倍ぐらい素敵でした。

 

さすが夏目漱石って感じで、たまらない台詞がたくさんあるんですよね。ある一場面では涙を堪えるのに難儀しました。

 

今回は小説が原作としてある舞台なので、

・原作をあらかじめ読んで、舞台を観る

・舞台を先に見て、原作を読む

どっちが良いのか悩んだんです。だって、観劇時の感じ方がすごく変わりますから。

 

で、悩んで、両方にしました。

 

原作小説を半分だけ読んでそれぞれのキャラクターを掴んだ(気になった)あと、後半(結末)は何も知らないまま観劇したんです。

 

原作をたった10Pほど読んだときの感想は「あっ、代助めっちゃ平野に合うわ」でした。

舞台のラストにビックリしたこともあって、はやく舞台と小説の比較をしたくてたまりません。

 

初日ということで役者陣の演技にもこれから少しずつ変化があるでしょうし、私自身うまく解釈ができなかったところがあるので、これからあと2回観るのがたのしみです。

ひとまず次観るときまでに原作小説を読みおわらなきゃ!

 

以下、観劇直後の感想ツイート。

 

 

 

 

 

観ながら「おちる」って言葉が似合う舞台だと思ったんです。おちる落ちる堕ちるどこからどこへ誰がどうして。

 

人間が人間に心惹かれるどうしようもないあの感覚を、文学の間合いを、舞台でどう観せてくれるんだろうという私の心配は杞憂でした。

 

ネタバレはすまいと思っていたけれど書きたくて仕方ないから私の一等好きな台詞というか言葉を書いちゃうよbecauseここはワイのblog。

 

「紙の指輪だと思って」

 

クゥゥウウウウウ〜〜〜〜たまらねぇ!!!

 

友情も思慕の情も果ては生きるということにまで、観たらきっと何かしら考えることがある舞台なので、とくに活字が苦手で原作が読みづらい多くの方に観てもらいたいです。文劇「喫茶」ですから。

 

公演期間:

5/3(水)-5/14(日) 全16公演

会場:

俳優座劇場(六本木)

公式サイト:

http://www.clie.asia/sorekara/top.html

f:id:mmmmaji:20170504035245j:image

 

 

 

ついでに:

平野さんがたしかロフトプラスワンでのイベントのときに「でてきた花やあそこでなぜあの照明だったのかとか、そういう意味を考えてみると面白いかもしれません」みたいなことを仰ってたのですが、ほんとにそうですね。

 

じぶんが舞台の上のメタファーについて考えるのがとても好きなことに最近気付きました。千秋楽が終わったあとたぶんもう1回感想blog書くと思います。それでは、また。 

 

推しのツバならミストで浴びたい

 

【タイトルで内容全部言った】

【気持ち悪い話】

 

いきなりむかしばなし

 

わたしには某B’zの某稲葉浩志さんの大ファンな友人がいます(私も彼女の影響でB’zを聴くようになった)。

 

ある日その友人と一緒にライブ映像を観ていたら、映像中で稲葉さんがステージ上に置いていたボトルから水分補給をする際に含んだ水を客席に吹き掛けたんです。そのとき吹き掛けられた(であろう)ファンもヒャッホーーーーーー!!!!みたいなかんじで盛り上がっていたんですね。

 

もちろんテレビの前の友人も叫びます。

その水浴びたーーーい💓

そして、友人の口から衝撃的なことばが飛び出します。

 

 

『稲葉さんのものなら汗でも飲める』

 

 

汗を…飲める????

もちろん「飲む」というからにはそれなりにまとまった量が必要なわけでして、たとえばまぁカップ一杯分とか。

 

カップ一杯分の汗……想像しただけでううううううんんんんんんんん。

 

 とにかく、こいつぁヤベェやつだ…!!!

と当時の私は友人のそのことばを聴きながら震えていたんです。

 

 

〜〜〜〜そしてときは流れ〜〜〜〜

 

 

先週 4/16(日) 18:00 渋谷モディ HMV&BOOKS TOKYO にて 文劇喫茶『それから』上演記念トークショー&サイン会 がありました。

 

そのトーク中に、推しが「ごめん!興奮して喋ってたらお客さんにツバ飛ばしちゃった」と謝る場面があったんです。

 

あのときは、ニコニコしゃべる推しの姿がとっても可愛いな〜〜〜としか思ってなかったのですが、しばらく経ち、感想ブログでも書くかと思って文字を打ち込んでいる現在なら違う言葉が頭をよぎる。

 

Aちゃんあのときゾッとしてごめんね。気持ちが今やっと分かったかもしれない。

 

 

『推しのツバならミストで浴びたい』

 

 

【完】

 

 

 

文劇喫茶シリーズ 第1弾 舞台【それから】

原作:夏目漱石

期間:2017年 5/3-5/14  

会場:俳優座劇場(六本木)

 

公式HP

【文劇喫茶】シリーズ『それから』2017年5月公演決定!

 

推しと拍手の短いポエム

 

 

私がこれまでのそう多くはない観劇経験を通して手に入れたものは、

 

楽しい2時間ないし3時間とよく響く拍手の仕方です。

 

推しには毎回なにかしらの形で感動や興奮やトキメキや、分類もできない感情を頂いています。

 

素晴らしいものを見せてくれた推しにわたしが返せるものは

(おこがましくも返せるものがあるとするならば)

究極に言えば、拍手だけだと思っています。

 

ど素人のわたしには分からないことではありますが、「役者」でいるうえで、あるいはひとりの人間として、悩んだり壁を感じたり挫折しそうになったりすることがあるかもしれません。

 

辛くなってしんどくなってもうどこにも歩いてゆかれないと思ったとき、すこしでもあの拍手の、音の渦の中に帰ってきたいと感じてくれればと思いながら拍手を贈ります。

 

 

 

鼻がね、めちゃめちゃ低いんですよ。私。

まず鼻筋?なんだそれは?ってレベルなんですね。そもそも該当する骨が無い。

 

保育園児ぐらいの頃から母に「おおきくなったら鼻買ってあげるからね😊」と言われて育ったのですが、今あらためて思い返すとじわじわくるな。なに言ってんだかあちゃん。

 

立派な肉厚団子鼻とオサラバしたい。

すべり台になるような鼻筋がほしい。

はじめて白濱亜嵐を見たときの衝撃が忘れられない。

 

かつての保育園児はすくすく育ち、思春期を迎え、成人し、母はまだ私に鼻を買ってくれてはいない。

 

「買ってもらえないなら、自分で買うしかない」

 

ということで、買いました。鼻プチ。

 

鼻プチとは:

アイプチの鼻バージョン。専用の棒を鼻の穴に突っ込んで高さを出す。突っ込む棒のサイズも色々ある。

 

整形はちょっとお金がないのでひとまずこれで手を打とう。

 

f:id:mmmmaji:20170414003755j:image

 

(左の女性の横顔が写っている箱です。右はついでに買った鼻を高くするとかいう洗濯バサミ)

 

よっしゃこれでワイもファンビンビン様みたいなぱーふぇくつな鼻をゲットするんや

 

緊張と幼い頃からの夢が叶うよろこびに震える指先。で、鼻の両穴に押し込む棒。この入れてる姿やばすぎてひとに見られたら自殺したほうがいいな。よし、ちゃんと入った。

 

顔を上げてみつめた鏡には生まれ変わった私(の鼻)が……

 

 

 

 

f:id:mmmmaji:20170414012510j:image

 

????????????????

 

ちょっと落ち着こう。棒の位置も少し変えてよしこれなら…

 

f:id:mmmmaji:20170414012524j:image

 

????????

 

いや、いや、いや、これは…

 

f:id:mmmmaji:20170414013935j:image

 

 

どうあがいてもゴリケルかネウロのイカれた犯人

 

これはダメだ。950円じゃどうしようもなかったんだ。“鼻の両穴に突っ込んだ棒”を取り出す為の“棒”を使って外そう。痛い。圧倒的敗北感。

 

「……………………………………」

 

 

突然なんですけどスヌーピって知ってますか?チャーリーブラウンが飼っている有名な白いイヌ。思い浮かびましたか?好きですか?

 

私むかし読んだスヌーピの本の中で印象に残ってる台詞(でもうろおぼえ)があるんです。

 

「配られたカードで勝負するっきゃないのさ」

 

夢は夢。鼻は鼻。私は私。

とうぶんは配られた低い鼻というカードで勝負するしかないみたいです負け戦。

 

 そして、そして、

 

先日シアタークリエで公演中のミュージカル

『きみはいい人 チャーリーブラウン 』

を観てきました。気付いたらずっとニコニコしながら観てました。勉強に疲れた学生さんも、仕事に疲れた社会人さんも、鼻のあまりの低さに悩んでる人も、きっとだれでも、観たあとは明日がすこし明るくなる素敵な舞台なので、余裕があればぜひ。

 

公演期間 2017 4/9(日)-4/25(火)

会場 シアタークリエ

公式HP シアタークリエ『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』

 

f:id:mmmmaji:20170414021133j:image