ついったーの方に大体書いちゃうblog

クソにわかマンが観劇レポ・感想を載せるblogのはずだった 推しは複数人います

家村会所属 二階堂彰男さんへのラブポエム❤️

 

以下、11/11公開 HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION(通称ザム3)のネタバレがあります。お気をつけて。

解釈違いも多々あるかと思います。お口に合いそうならどうぞ。

 

 ◇◇◇

 

ザム3……いろいろヤバなかった???

いきなりのコブラ拷問シーンから始まったザム3こと脳内爆破セレモニー……もう無理……無理……ってずっと白目剥いてました。

ベストムリオブ無理なことは墓だったんですけど……そっちと全体の感想は一先ず置いといて……

 

 

に、二階堂さん〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

家村会所属、オーダーメイドであろう高級トムフォードスーツを身に纏い、公式で組一の武闘派、文武両道のブレーンと謳われ、日本語・英語・韓国語・北京語の4カ国語を操り、立ち振る舞いも優雅な美しきヤクザの男……

 

二階堂さんーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

その完璧な男が……鉄と廃墟のスラム、S.W.O.R.D.のR…無名街の生まれだったなんて……

 

ァァォァア!!!!!!二階堂さーーーーーーーーーーーーーーーーんッッッーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!;;;

 

スモーキーが二階堂さんに語りかけるあのわずか3分ほどの間にどエライ爆弾落とされまくって脳内がフルスロットル響く轟音(ごうおん)ド派手に上げろ狼煙(のろし)卍卍卍🔥🔥🔥

 

わたしてっきり 二階堂さんはスパイとして家村会に潜り込んでいる警察か、九龍に別件で恨みをもっていて内部からの転覆と復讐を企てている人間なんだとばかり思っていたんですよね。

 

ところが蓋を開けてみれば真反対の、自ら裏社会に飛び込みそこでのし上がって行こうと誓った THE 真っ黒なキャラだったなんて。劇中で垣間見えたあの強い上昇志向はそういう経緯があってのものだったんですね。すごく納得です。

 

二階堂さんが無名街出身という事実を踏まえた上で振り返ると、ズン1でノボルに言った「過去を燃やす覚悟があるか?」がここにきてすごく強烈な意味を持ち始めて

 

ァァァアアアア NIKAIDO SAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAN!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

きっとノボルにそう語りかけながらも、自身の完全には燃やし尽くせなかった過去が心中で燻り続けていたんでしょうね。だからって今回、物理的に燃やそう(無名街爆破)とするなんて火力が強すぎるよ二階堂さん!

 

スモーキーに「カイン」とかつての名で呼ばれた二階堂さんは、「その名を呼ぶな!」と激昂します。

その事実そのものが、二階堂さんが無名街を、かつての家族を、自身の燃やしたい過去を、捨て去りきれていないことを如実に示しているのではないでしょうか。

 

話が脱線してしまうのですが、二階堂さんの無名街ネーム「カイン」ってカインとアベルの物語から来てるんですかね?

 

スモーキー「シオンはお前を兄のように慕っていた」

 という台詞もあったのでなんとなくそうなのかなって。

 

カインとアベルは兄カインが弟アベルを殺してしまう話なんですけど、人類最初の殺人の加害者と被害者とされているんですよ。

そして、カインがアベルを殺したことをしらばっくれるためについた嘘が人間のついた最初の嘘とされているんです。

 

劉の言葉を借りるなら無名街の人間は「ゴミ」。そして無名街を飛び出しはじめて「人間」になった二階堂さん。

 

「カイン」を殺した「二階堂」がついた嘘……

 

なんか…無理やりとはいえ、こじつけようと思ったらいくらでもおいしい感じにこじつけられそうでそういうのが好きなオタクaka私は非常に苦しいです。まぁ、ゆーて、「カイン」じゃなくて「カイ」かもしれないけどなガッハッハ!!!!!!

 

 

それにしても、九龍グループ・家村会テーマ曲【one time one life】がもはや涙無しには聴けません。RUDE BOYSテーマ曲【RUN THIS TOWN】も無名街から裏社会へ飛び込むカインの覚悟がチラつくようで聴けません。両方をエンドレスで流しながら二階堂さんを想い咽び泣くということをここ数日しています。狂ったオタク。

 

ぶっちゃけ歌詞的には家村会にOTOLはあまりあわねぇな?と思っていたのですが、二階堂さんのテーマ曲だと思えばあまりのことに息もできねぇ。

 

自棄(やけ)じゃなく 賭けをしようぜ
生(い)き様(ざま)に魂(たま)をこめてShoot it
ぶっ放して
過去を捨て移り住んだ
この土地(せかい)帰る路(みち)はない
Livin'in the front line yeah

伸(の)し上がるためなら
喜んで Yeah 鎬(しのぎ)も削る
ここで咲き散ると決めたから
さあ Do or die

 One time one life
振り翳(かざ)す 信念の刃(やいば)
一生涯 錆(さ)びやしない
One time one life
押し通す この鋼(はがね)の意地
金輪際(こんりんざい)引く気はない

(略)

過去壊し 始めた夢追人(ギャンブル)
賭けるのはたった一つ魂(いのち)

(略)

Sometimes 悪役(ヒール)and sometimes 主役(ヒーロー)
理想と現実(リアル)と葛藤と…
I mean 誰も皆(みな)誰かの 英雄(ヒーロー)
怯(ひる)むな 迷えば次はない

(以下略)

 

 HiGH&LOW Special Trailer ♯6 「九龍グループ•家村会」 - YouTube 

 

GENERATIONS from EXILE TRIBE / RUN THIS TOWN <Music Video> from HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM - YouTube

 

 

たしかにしていることはかつての仲間を裏切りスモーキーを手にかけた悪役(ヒール)なのかもしれません。けれど紛れもなく二階堂さん自身の人生の中で、身一つで街を飛び出し覚悟を決め刃を握り今も闘い続けている二階堂さんは主役(ヒーロー)です。

 

きっと、帰る路を残せば、荷物を背負ったままでは、渡りきれない旅路なのでしょう。

 

暖かな記憶も仲間も、冷え切った夜を越えていくにはいっそ捨てなくては。自分が飲み込まれてしまう。

 

九龍の、裏社会の“オトナ”の怖さは散々本編で見せつけられているので……。

 

語学も立ち振る舞いも簡単に身に着くものでは無い。二階堂さんがさらりと着こなしたトムフォードの裏に隠れたものに、私は思いを馳せずにはいられません。

 

(教養も何も無い初期二階堂をマイフェアレディしてくれたのが我らが家村会会長 家村龍美しゃんだったりするんですかね胸アツ)

 

 

全員主役!

すべてのキャラが確固とした意思を、「自分」を持つ、HiGH&LOWのキャッチコピーを体現するようなキャラクターがこの二階堂彰男なのだと私は感じました。

 

 

それにしても……二階堂さんに、心休まるときはあるんでしょうか……ほっと息を吐きわずかながらでも穏やかに過ごせる瞬間はあるのでしょうか……二階堂さんの張り詰めた心をほどき肩の力を抜くことができる場所が、そんな誰かが、どうか二階堂さんの側に居ますように…後々そういうコーヒー店とそのマスターが出てきますように……☕️ ヒロさん何卒よろしくお願いいたします……(クソクソクソオタク) 

 

 

終わり。